iPhone13発売決定!一体何が変わったのか?

ミスター

シェアする

介護福祉士・社会福祉士・保育士 実習生受け入れ 兵庫・尼崎・日生中央・姫路

皆さまこんにちは、ミスターです。

昨年10月に発売されたiPhone12から早1年、ついに待望のiPhone13の発売日が正式発表されました。

iPhone 13とiPhone 13 mini – Apple(日本)

発売日は9月24日との事ですので、12と比較して何がどう変わったのかを見ていき、必要に応じて購入を検討してみてはいかがでしょうか?

比較対象のモデルについてですが、12も13も「無印」「mini」「Pro」「ProMax」の4種類に対してそれぞれストレージ容量がそれぞれ選択できるようになっていますので、今回は「無印」同士を比較して違いを見ていきたいと思います。

iPhone12と13の比較

比較項目  iPhone12 iPhone13 備考
本体サイズ 高さ 146.7mm 146.7mm 厚みが0.25mm増加
71.5mm 71.5mm
厚み 7.4mm 7.65mm
重量 162g 173g  
CPU A14 A15 それほど大きな違い無し(?)
ディスプレイ 6.1インチ 6.1インチ  
ストレージ容量 64,128,256GB 128,256,512GB  
バッテリー ビデオ再生時 17時間 19時間 2時間増加
カメラ 画素数 1,200万画素 1,200万画素  
手ぶれ補正 光学式 センサーシフト光学式 より強力な手ぶれ補正
ズーム機能 最大10倍 最大15倍  
HDR スマートHDR3 スマートHDR4  
カメラ(動画)
 
  シネマティックモード 映画のような動画がとれる
本体サイズと重量

カメラ性能アップの為、厚みが少し増加し重くなっているようですが基本的には同じと考えてよさそうです。

CPU性能

Appleの発表によると他社の主要製品と比較して最大50%高速なCPUを搭載しているそうです。なんとも曖昧な感じですが恐らく大幅な性能アップではないためこういった言い回しになっているんではないでしょうか

ストレージ容量

12と比較すると64GBがなくなり、512GBが追加された形になりました。

バッテリー

12と比較すると動画再生時で2時間程度長持ちするようになったようです。意外と大きいかも知れませんね!

カメラ性能

12ではProMaxにのみ搭載されていた「センサーシフト光学式手ぶれ補正」が全モデルに搭載されるようになった事に加えて、スマートHDR3から4に変更された事でより質の高い写真が撮れるようになりました。

また動画撮影においては「シネマティックモード」が追加され、ピントをコントロールしてまるで映画のような臨場感あふれる映像を撮影することができるようになりました。

その他

カラーラインナップが変わっているようでピンクなんていう色があるとの事です。

大きな変更点は以上になります・・・

まとめ

大半の人が「あれ?対して変わって無くない?」と感じているかと思います。

私個人的にも今回はスルーしたいと思いますが、以下のような人には是非オススメできるかと思います!

・動画撮影の「シネマティックモード」に興味がある人

・少しでもバッテリーが長持ちするほうがいい人

・本体のカラー新色ピンクが欲しい人

以上、興味ある方は購入してみてはいかがでしょうか?

介護福祉士・社会福祉士・保育士 実習生受け入れ 兵庫・尼崎・日生中央・姫路

 

シェアする