何か終わると流れる曲がある。~コジロウの就活記~

コジロウ

シェアする

ヴィラ ベルセゾン 求人情報

皆様、こんにちは!
人事採用チームのコジローです。

もう間もなく2021年も終わりを迎えようとしています。

個人的には”何か終わりを迎えるとき”に流れる曲があります

もうすぐ今日が終わる、やり残したことはないかい

親友と語り合ったかい、燃えるような恋をしたかい

一生忘れないような、出来事に出会えたかい

かけがえのない時間を胸に、刻み込んだかい

~♪

作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

今年も終わるけども後悔なく、
終われるのかな?と自問自答できる良い曲だなと思い出すたびに思います。

これを教えてくれた人が新卒で入社した、
某求人広告サイトの販売営業をする会社の当時の上司でした。

「1日終わるたびに一度この曲を聞きなさい、まだやれることがないか後悔なく仕事を全うしなさい。」

これが上司の言葉でした。

今でもですが、何かが終わりや区切りがついたとき、
よく思い出して、振り返るようになりました。

前振りが長くなりましたが、私が行っていた新卒の就活について記載しようと思います。

そもそも就活環境はどうだったのか?

私が就活行っていたのは、2015年で2016年入社の時代。

市場は、いわゆる売り手市場でした。

当時は、3月1日にプレエントリーをするために、
日付が変わるあたりから準備するというのが就活生の定番でした。

私も同様にスマホの前で身構えていたのを覚えています。

最初、公務員志望で勉強しながらというのもあり、
一般企業は銀行系(地銀や信用金庫とか)を受けていました。

志望理由は特になく、定年まで働けて、安定した仕事がしたいなー
ざっくりな動機で公務員でした。

でも、そんなレベルの気持ちだと勉強も続かず、
一般企業の面接を受けているとそちらが面白くなり、すぐに方向転換。

序盤の就活はどっちつかずの感じでふわついた状況でやっていたように思います。

そんなとき、出会ったのが、新卒で入社することになった某求人広告の会社でした。

なぜ入社を決めたのか?

2点あって、
1点目が”自分の好きなこと(対人折衝)生かしてできる仕事というイメージが湧いた。”ということ。

就活していた当時、自分が関わることによって、一人でも多くの方の感謝をもらえるような営業(人間)になりたいと思ってました。

それを叶えれる会社だな思ったきっかけとして

経営陣の話の中で、

「御用聞き営業でなく、採用コンサルタントとしてお客様と対等の立場に立ちなさい」

という話を聞いていく中で、
自分がやりたい営業、叶えたいことはこの会社の営業だ!と思い、
イメージに結びついていたかと思います。

2点目は、人事のリクルーターの方がこういう社会人(先輩)になりたいという理想像に近しい方だった。

なんでも親身になって話を聞いてくれ、
営業の現場経験を持っていて、その中でも結果を残してこられた方でした。

実体験の話をしてくれたりして、こういう大変さもあるよというのも教えてくれ、
入社後も連絡を取り合うような関係性でした。

そういうコミュニケーションが取れる人になりたいなと思っていたのもあり、
のめり込んでいったのかなと思います。

今思えば、もっと考え深めておくべきだったなと、動機の薄さは感じますが…

いい思い出となってます。笑

最後に…

これから就活で今からどうしよう…とかそもそもまだどうしたらいいかもわからないという就活生の皆さん!

私も最初はそうでした!笑

何したいかな?とか

何を叶えたいかな?とか

自分の希望や夢を叶えるためにはどうしたらいいのか、
ざっくりなところから考え始めればいいと思います。

逆算をしていけばおのずと、

やらないといけないこと、
今、必要なことが見えてくるのではないかな?と思います。

あかねでも新卒採用しています!
ぜひ、一度見てみてください。

デイサービスの数はコンビニの数を超え、今も増え続けています。

以上、コジローでした。

ヴィラ ベルセゾン 求人情報

 

シェアする