クリエイティブチームのかずおが、ケアマイスター ブロンズクラスの試験を受験した話

かずお

シェアする

介護福祉士・社会福祉士・保育士 実習生受け入れ 兵庫・尼崎・日生中央・姫路

こんにちは、クリエイティブチームのかずおです。

今やあかねの最大の特徴といってもいいであろう「介護技術認定制度ケアマイスター」。

スタッフの介護技術・知識を認定するもので、下位からブロンズ→シルバー→ゴールド→プラチナ→マイスターの5段階あり、クラスに応じて手当が支給されるというもの。

これまでブログなどで制度自体の紹介や、受験の様子などをお伝えしてきた私ですが、なにぶんクリエイティブチーム所属ということでケアマイスター試験を受験したことはありませんでした。

しかし今回思うところがあって、シルバークラスまでの取得を目標にブロンズクラスを受験しました!(ゴールド以上は受験資格的にキビシそう…)

いまケアマイスターを受験する意図

私の狙いはズバリ資格手当でございます。

正社員の場合ブロンズクラス取得で月1,000円、シルバークラスで2,000円の資格手当が付きます(接遇技術認定制度サービスマイスターの資格手当と併給が可能に!)。

小さな額と思う方もいるかもしれませんが、長く働くほど大きな差になりますよ(あたりまえだけど)

例えば動画や音楽のサブスク代に

例えば子どもの習い事費用の足しに

例えばそのまま自分のお小遣いにONする形で…(5年貯めれば12万円に)

などなど、ささやかな夢が広がります(笑)

またケアマイスターの場合、あかねで働いているスタッフは受講料や受験費用など一切不要。試験を受けて合格すれば手当が支給されるので、てっとりばやく給与を上げることができる仕組みなのです(事務員さんでゴールド所持の方もいます!)。

落ちられない理由

資格手当目的での受験とはいえ、受けるからには合格しないといけない理由が私にはあるんです……。

それは

「ケアマイスター実技試験対策動画」

「あかねスタンダード研修」の研修用の動画

を編集したのが、何を隠そう私なんですよね~。

随分前に作成したのと、作成時はマイスター委員や研修担当者の監修の元に編集しているという言い訳は立つ?ものの、動画内で繰り返し出てくる内容を私が実践できていないと「それってどうなん!?」ってなりますよね。

ということで自分で作成した動画を今になって繰り返し見ることになりました。

いざ自分が覚えるために見てみると

「この部分はいらんな」とか「この部分はもうちょっと拡大しとけばよかったな」とかいう部分が出てくるんですね。

今回の受験がクリエイティブとしても役に立つと実感できたのは最大の収穫だったかもしれません。

試験勉強

ブロンズクラスは一番下のクラスなので当然一番カンタンなはず。

ですが勉強用にと授かった2年分の筆記試験の過去問を見てみるとなかなか難しい……。

内容からすると介護職員初任者研修を修了していればかなり解けると思われる内容でしたが、私が初任者研修修了したのは7年近く前のお話。はっきり言って全然覚えてません!

ちゃんと勉強しないとヤバいな~と焦っていたら、ロータス・オデオンの宮口さんからありがたいお誘いが!

そう、ケアマイスターでは受験者のために、各施設で勉強会が開催されるのも特徴のひとつ。

筆記と実技、それぞれの勉強会を実施していただき、なんとか試験に臨むことができました。

試験を終えて

実技試験の後にはフィードバックの時間が設けられており、自分が行った実技内容で足りなかったポイントの指摘や、より実務に沿ったアドバイスなどを聞くことができます。

逆に出来ていたところはしっかり褒めてもらえるので、自信につながるのもケアマイスターの良いところ。

というわけで、今回初のブロンズクラス受験を終えて、後は結果を待つばかり。

週明けぐらいには結果が出そうな感じですが果たして……。

介護福祉士・社会福祉士・保育士 実習生受け入れ 兵庫・尼崎・日生中央・姫路

 

シェアする