【緊急事態宣言解除】バイクでキャンプにいってみた

ミスターミスター

シェアする

皆さまこんにちは、ミスターです。

長かった緊急事態宣言も明け、兵庫県のコロナ感染者推移もほぼ「0」で安定しているという状況を受けて、先日キャンプに行って参りました。

しかも家族を置き去りにしバイクに乗ってのソロキャンプです。

以前から一度やってみたいと思いつつなかなか実現できずにいたのですが、たまたまタイミングと天気予報に恵まれ、勢いでキャンプ場を予約!

今回選んだのは兵庫県姫路市のはるか北、養父市にある「天滝公園キャンプ場」。

日本の滝百選に選ばれている「天滝」のおひざ元にある老舗キャンプ場で棚田を利用して区画されたキャンプサイトは上にいけばいくほど絶景が広がり、そしてその絶景具合によって料金も上がっていくという仕組みでした。

今年の6月から「ソロフリーサイト」が出来たらしく、バイクの乗り入れも可能な上に料金も良心的だったので迷わず「ソロフリーサイト」を選択しました。

キャンプ場までは最短ルートではなく、湖や林道などを走りつつ3時間半ほどかけて到着するルートを適当に作成し、いざ出発!

道中に生野銀山湖やちょっとした林道を楽しみつつ目的地を目指しました。

自然を満喫し過ぎて気づけばチェックイン予定時刻より1時間以上押していたので、急いでキャンプ場へ向かいます。

恐ろしく急な坂道を上った先にキャンプ場予約口コミサイトNo1に輝いたという噂の天滝公園キャンプ場がありました。

土曜日というだけあって車は満車、人いっぱいで大盛況!

棚田の上のほうの絶景サイトから写真をとりたかったのですが、どのサイトにも人がいたのでいい写真を撮ることはできませんでした・・・

チェックインを済ませ、一番安い最下層のサイトに移動し早速テントの設営や薪などの準備をします。

一通り準備が整ったあとは、バイクに荷物を積みすぎて変な体制で乗っていたせいか異様な睡魔に襲われて気づくと昼寝してしまい、いつの間にか夕方になっていました。

さっそく晩御飯の支度をしますが、この時点で米を忘れた事に気づき、近くのスーパーまで20分くらい走る気力もなかったのでやむを得ず米なし焼肉になってしまいましたが一人で食べるには十分な量でした。

一通り満足したあとは酒を飲まない人にとっては心ゆくまで焚火をして寝るだけですが、この薪を割ってくべて燃える様子を見る作業、延々とやってられますね!

そして薪もなくなっていよいよ就寝です。

テントの中は荷物を置いても一人なら十分寝れるスペースがあり、朝までぐっすり寝ることができました!

ちなみにこのキャンプ場、場内に温泉などの施設は無いですが、なんとシャワーが無料で自由に使えるということで、早速試してみたらシャワーの圧力も温度も申し分なく非常に快適でした

そして6時に起床しキャンプの朝ごはんとしては定番中の定番、ホットサンドを食べて帰路に着きました

早めにチェックアウトしたのと帰りはフル高速道路で帰ったので家に着いたのがお昼の13時頃でした。

翌日談

翌日、そういえば「日本の滝百選」に選ばれた滝を見るの忘れてたな~と思いながら目覚めたらふくらはぎあたりが異様に重い、というか痺れている・・・

なんだこれはと驚きつつ、過去にも同じ症状を経験した記憶が・・・

そうです思い起こせば6年前、河原にBBQにいったときに経験したものと同じ症状です!

6年前のブログはコチラ

調子に乗って短パンでキャンプ場をうろついていたツケが見事に回ってきた学習能力「0」のミスターでした。

皆さん、アウトドアでは長ズボンを履きましょうね!

 

シェアする