あかねグローバル元年!(・∀・)ウェーイ

大佐

シェアする

介護福祉士・社会福祉士・保育士 実習生受け入れ 兵庫・尼崎・日生中央・姫路

どうもこんにちは!
お天気悪いけどちょっぴり涼しくなりましたね。
サンマ不漁に絶望を禁じえない大佐ですどうも(‘A`)ノ

四季の中で秋が一番好きなのですが、その理由のひとつでもある秋の味覚・・・サンマ。
そのサンマの不漁が深刻なようです。

水産研究・教育機構がまとめた北太平洋公海におけるサンマ分布量は、前年より33%すくない推測で、調査を始めた2003年以降2番目に低い水準らしいですよ。
身も小ぶりで高くなるとか最悪です。。。 _| ̄|○ ガクッ

そんな最悪なサンマ事情ですが、もうひとつ軽視できない最悪事情といえば・・・


そうです「日韓問題」
連日のニュースで不安が深まるばかりですが、国と国のいざこざから人と人のいざこざになり、進んだ文化交流が台無しにならないことを祈るばかり。

そんな緊迫した日韓関係お構いなしに、今まさに韓国の若者+αを対象としたインターンなうです(古

韓国新卒学生の就職事情はなかなか厳しいらしく、4年制一般大学の平均就職率62.6%。

(↑ こはれ2015の情報だけど)

新卒大学生の正社員就職率は10人に1人という報告もあるくらいの超氷河期といわれています。名門大学を卒業しても職にありつけない現状に、多くの若者が諦めムード・・・
国としても海外に出ることを後押ししているっていうのですからよっぽどです。

ここ最近、新卒採用や中途採用が不調すぎるので不謹慎ながら

「うらやましすぎる!!」

「マジ全員あかねこいよ!!」

と心のなかで叫ばずにはいられない。ヽ(゚∀。)ノ

そんなわけで、とあるツテから韓国事情を知った理事長を単身韓国へ送り込み・・・あ、乗り込んでもらい、日本で働きたい!という学生を引っ掛けて今回のインターン開催となったわけです。

(経緯説明かなり雑でさーせん(‘A`))

この情勢で、親に反対され来れなかった人もいましたが、4名のナイスガイがインターンオファーを受け参加してくれました。(内定者は2人参加)
ちなみにみなさん日本語ペラペラ(汗

昨日から始まったこのインターンは、そんな彼らと今年のあかね内定者が一緒にインターン内容を考え作っていくスタイル。この機会を通して、日本の介護福祉と韓国の今後を学び、文化交流なんかも出来たらと考えています。

ちなみに韓国の皆さんが持つ高齢者施設のイメージは、「病院・精神病院のイメージ」らしく、親を施設にあずけることは不敬なことで、基本家族が介護する文化が今だ根強く残ることが、日本の介護のようにサービスとして発達していない要因なのではないかと語っていました。

しかし韓国の出生率は0.98(2018)と日本の1.42を大きく下回っており、このままいくと子が親をという構図が今より難しくなるのは確実です。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-08-28/PWXPTP6S972C01

将来韓国の介護福祉を担う人材を日本で育てることが出来れば・・・

「介護にイノベーションを」を理念に掲げる私たちにとって、今回のインターンや、その先に働く方が出てきてくれれば、意味のある一歩なのではと理事長。


今日は現場実習も行い、おむつ交換やレクを体験した彼ら。
夕方から明日にかけてその経験を元に課題に取り組みます!
(詳しい内容は彼らの課題のこともあるので割愛します!)

今年は新卒でインドネシアの方や、ミャンマーより技能実習生をうけいれるなど、グローバルな人材が現場に加わりました。外国人人材を積極的に受け入れている企業にくらべ後発となりましたが、どこの国の方にも働きやすい職場づくりを目指してまいります!

介護福祉士・社会福祉士・保育士 実習生受け入れ 兵庫・尼崎・日生中央・姫路

 

シェアする