レッドブル・ボックスカートレースに出場しようぜプロジェクト

かずお

シェアする

介護福祉士・社会福祉士・保育士 実習生受け入れ 兵庫・尼崎・日生中央・姫路

こんにちは、クリエイティブチームのかずおです。

ここ最近YouTuberへの道を模索中のエンタメチームカール織田氏。

カール織田のレクちゃんねる ブリの解体ショー編 in アマルネス・ガーデン
カール織田のレクちゃんねる ステーキ編 in アマルネス・ガーデン
カール織田のレクちゃんねる 巨大ジェンガ編 in アマルネス・ガーデン

そんなカールさんが先日…

って言い出したんですよ。

レッドブル・ボックスカートレースとは

ボックスカートレースはざっくりいうと、動力を持たないオリジナルのカートを作成し、坂道に設置されたコースを疾走するレース。

レッドブル・ボックスカート・レースは世界中で行われている一般参加型のレースイベントです。エンジンを積まないこのボックスカートの動力は、勇気とクリエイティビティ(そしてレッドブル缶数本)だけです。参加するドライバー及びチームは、奇想天外でユニークなデザインのボックスカートを用意し、下り坂のコースを走り抜けるタイムを競い合います。

各チームはクリエイティビティ、パフォーマンス、レースタイムの3項目から採点されます。

モータースポーツ、バイク、スノー、サーフィン、ミュージックなどの最新ニュース、イベント、ライブストリーミング、動画や写真をレッドブルの世界で体験しよう

スタート時にカートを押す以外は、動⼒は傾斜による重⼒のみという単純明快なレース。しかし⾃作カートのデザインや、パフォーマンスも採点項目となっているため、レースというよりはコンテストといったほうが近いかも。

↓こんな感じのイベントです!

レッドブルボックスカートレースハイライト

めっちゃ面白そうじゃないですか!?

ただし応募すれば誰でも出場できるというわけではなく、まずは書類審査を通過する必要があるんです。

っていうかその前に書類審査用のキットを請求するために、Web上のミニゲームをクリアしないといけないんですよ。

↓コレ(わりと難しいです)

このゲームをクリアすると、ようやくエントリーフォームが表示されるわけです。

エントリー完了すると、数日後に以下のエントリーキットが送られてきました。

中にはルールブックやエントリー用紙の他に、レッドブル2本と鉛筆、鉛筆削りがセットになった豪華な内容。

レッドブルを飲んで翼を授かり、削った鉛筆でエントリー用紙にアイデアをぶつけるっていう流れですね!

もし書類審査を通過しても、カートの車体自体をオリジナルで作成しないといけないし(既成品を改造とかではダメ)、本番のレースは東京のよみうりランドまで行かないといけないので、あんまり気軽に参加できるって感じではありません。

でも出場できれば、TVや上記のようなYouTubeでバンバン露出するので、やりがいは十分でしょう。

というわけで経営管理本部 事業推進室では、「あかねや介護業界に興味を持ってもらえるもの」というザックリしたテーマでアイデアひねり出し中。

デザインやパフォーマンスが採点基準ってことで、クリエイティブチームやエンタメチームの腕の見せ所でもあるので、少なくとも書類審査ぐらいは通過したい!!

エントリー締切まであと15日!

果たしてカートのデザインはどうなるのか!?

書類審査は通過するのか!?

続報をお待ち下さい!!

介護福祉士・社会福祉士・保育士 実習生受け入れ 兵庫・尼崎・日生中央・姫路

 

シェアする